1日目「じゃぐちとお湯」

ありがとう日記



くりたろうとまろんがお散歩から帰ってきました。


この日はとても寒い日でした。


くりたろう達は手を洗おうとじゃぐちをひねりました。


すると、あたたかいお湯が出てきて、


ほかほかの状態で手を洗うことが出来ました。


ふたりとも冷え切っていたみたいでしたが、


あったまったし、


ちゃんときれいにもなった。


とても感動したみたいです。


ほかほかだねえ。とニコニコしていました。



°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


普段当たり前のように使っている洗面台やキッチン、


お湯もちゃんと出るようになっています。


しかも蛇口をひねったり、レバーを上げ下げするだけで!


もちろんお湯が出るように設定などはしなくてはいけませんが、簡単に切り替えられちゃいます。


もはや欠かせないものになっていますよね。


私も冬の時期などとても助けられています。


実は私の住んでいる所は雪国でして、


しかも築40年の古いアパートに住んでいるので、部屋の中が冷蔵庫状態のこともザラです(笑)


本当に無くてはならない存在です。ありがたや。


今はお店のトイレなどでも、あたたかいお湯が出てくる時代になりました。


すごいことだよなあ。お店の方々にも感謝です。



皆さんもちょっとだけでいいので蛇口とお湯に注目してみて下さい。


ひねったらすぐ水が出る。


切り替えたらお湯に変わった!


魔法みたい✨


・・・は大げさですかね(笑)


でも、たくさんの人が携わって試行錯誤して作り上げた技術には違いありません。


水を貯水する場所があり、


飲めるように綺麗にして


ここまで運ぶ。


そして私たちが蛇口をひねると水が出て、お湯にも切り替えられる。


一体どれだけの人が関わっているんでしょうね。


ありがたいなあ。



皆さんはどう感じましたか?


ほっこりとした気持ちを感じたり、


何か気付きのきっかけになれていれば幸いです。



最後に私のなんてことない感想を。

お湯で手を洗っているだけでも、なんだかホッとしませんか?


「あたたかい」っていいですよね。


お湯が出るって幸せだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました